バイアグラまとめ_通販購入方法、効果や副作用など

バイアグラとその他のED治療薬について

日本で厚生労働省から認められたED治療薬は下記の3つです。

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

そして、この中でバイアグラのみが特許が切れています。特許があると正規のジェネリック医薬品(後発医薬品)を製造することが、日本国内ではできません。しかし、バイアグラは日本国内にて正規のジェネリック医薬品を製造することができます。

そのため、複数の製薬会社からバイアグラと名前が異なるも、バイアグラと同じ有効成分が含まれているジェネリック医薬品が、現在では販売されています。ジェネリック医薬品の方が先発薬品であるバイアグラよりも安価な価格で購入することができます。

前述しましたが、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つのED治療薬は効果持続時間や有効成分が異なるだけであり、効果はすべて「PDE-5の生成を抑制する」という働きのみです。

 

バイアグラについて

バイアグラは、ED治療薬の代名詞と呼ばれるくらい有名なものです。世界で初めて正式にED治療に効果があると認められた医薬品になります。

有効成分はシルデナフィルです。

1998年にアメリカのファイザー株式会社が製造販売を開始しました。バイアグラは夢の薬としてアメリカで大きな話題となり、その話題は日本にも伝わります。日本では個人輸入代行業者が個人輸入でバイアグラを輸入し、その結果、健康被害が増加しました。なので、翌年の1999年に厚生労働省により許可を受け、ファイザー株式会社により、日本での販売が開始されたのです。

バイアグラは面白い経緯でED治療に効果があるということがわかりました。バイアグラの有効成分のシルデナフィルは狭心症の薬としてイギリスにて開発が進められていたのです。

しかし、臨床実験の段階で狭心症の薬としては効果が十分ではなく治験は中止され、回収を被験者に申し出たところ、なぜか返却を拒む被験者が複数いて理由を尋ねてみると「EDが治った」というもので、シルデナフィルはED治療薬として開発の舵が切られたのです。

 

バイアグラの種類

バイアグラの種類としては、日本では2種類販売されています。

  • 25mg
  • 50mg

この2種類です。本来は100mgも存在しますが、日本では100mgのバイアグラというのは存在しません。

50mgを飲んで効果が出ない場合は、50mg2錠飲むことがすすめられます。これで100mgがなくても問題はありません。

ED治療薬としては最古参のバイアグラですが、知名度や現在まで販売されているという実績から現在においても、知名度、信頼性は高い薬です。

バイアグラを開発したファイザー株式会社から20179月より「バイアグラODフィルム」というフィルム状のバイアグラが登場しました。これも25mg50mg2種類があります。

バイアグラODフィルムは、フィルム状であり名刺ケースに入れることができるほど携帯性に優れており、水なしで飲むことができるメリットがあります。

 

バイアグラの有効成分と効果持続時間について

バイアグラの有効成分はシルデナフィルであり、シルデナフィルの効果は、PDE-5阻害効果です。勃起を抑制する酵素のPDE-5の働きを抑制することで勃起しやすくします。

効果持続時間は4時間~5時間であり、セックスをする30分前に服用することで勃起しやすい状態になり、服用して1時間後に効果がピークになります。

即効性があるのが特徴です。

 

バイアグラと食事の影響

バイアグラを服用するときは、空腹時がもっともよいとされています。胃袋の中に食べものが残っていますと、バイアグラの吸収率に影響を与えてしまうので必ず空腹時に服用することが必要です。

食事を摂ってしまった場合は、効果が出にくくなったり、効果持続時間が短くなったりする恐れがあります。食事を摂った場合は2時間程度たってから服用するといいでしょう。

適度なアルコールと一緒に服用することで、アルコールのリラックス効果により勃起にポジティブな効果を発揮しますが、過度な飲酒をしてしまいますと、脳からの勃起命令がうまく伝わらなくなり、勃起しにくくなるので注意が必要です。

バイアグラは、ED治療薬の中では特に食事の影響を受けやすく、食事を摂ったせいでバイアグラの効果が出なくなるということもままあります。デートの際の食事プランを良く考えて服用しなければ、効果がでずに終わってしまう、もしくは中折れなどになってしまうケースがあります。

 

1日の摂取量について

バイアグラは11回までと決められています。服用した場合、24時間のインターバルをおかなければなりません

24時間のインターバルを置かずに再度服用してしまった場合、心臓に悪影響を及ぼしかねません。たとえば、血圧低下などを起こす可能性があります。

一度に決められた以上のバイアグラを飲んだとしても、たとえば200mgを飲んだとしても、効果持続時間が長くなるというわけではなく、場合によっては死亡する可能性もあります。用法と用量をしっかりと守って服用することが不可欠なED治療薬であるといえます。

 

バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌ですが、バイアグラは医薬品であるため、飲み合わせが悪い薬があります。下記の薬を服用している場合、一緒に服用してしまうと効果が強く出てしまい非常に危険です。

  • 硝酸剤(ニトログリセリン)
  • 一酸化窒素供与剤
  • 塩酸アミオダロン

これらの薬を服用している場合、バイアグラとの相乗効果により血圧低下が懸念されます。場合によっては死亡する可能性がありますので、注意をしましょう。

たとえば、硝酸剤ですが心臓の冠状動脈拡張効果があります。つまり、心筋への血液の流れを良くする効果があるわけです。同時に血圧を下げて心臓の負担を和らげる効果を持つため、狭心症や心筋梗塞などの心疾患の症状に使用される薬になります。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは狭心症の薬として開発された背景がありますので、バイアグラと併せて服用をしてしまっては、失神発作や生命にかかわることになります。

心疾患の方は基本的にセックスを控えるべきとも言われていますので、バイアグラを飲んでのセックスは控えた方がいいでしょう。そして、硝酸剤を飲んでいるのであれば絶対にバイアグラを飲んではいけません。

 

バイアグラの副作用

バイアグラは医薬品ですから、副作用が存在します。

  • 勃起持続症
  • 突発性難聴
  • 狭心症
  • 鼻づまり
  • 鼻血
  • 消化不良
  • 目の充血
  • 動悸
  • 色覚異常

副作用の中で勃起持続症、突発性難聴、狭心症のような極めて重篤な副作用も存在しています。

鼻づまり、消化不良、目の充血、動悸などはバイアグラが効果を発揮してきたひとつの目安になります。そのため、これらの副作用は効果が出てきたサインとして考えるのがいいでしょう。

問題なのが勃起持続症です。勃起持続症は、4時間以上勃起した状態が続く症状です。

なぜかといいますと、ペニスの内の動脈が破裂してしまい、大量の血液が海綿体に吸収され続けることで起こる症状です。12時間~24時間以上、勃起状態が続くと海綿体に再生不能のダメージを与えてしまい、重篤なEDになる可能性があります。

 

バイアグラのジェネリック医薬品

日本では、2014年にファイザー株式会社が持っていたバイアグラの特許が切れました。そのため、ジェネリック医薬品を日本の基準で作ることができます。バイアグラと同等の効果を持ち、バイアグラよりも飲みやすいジェネリック医薬品が発売されています。

ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも安価な価格で手に入れることができます。

また、インドでは他国との特許法に違いがあり、正規でジェネリック医薬品を製造することができます。医薬品の特許については複数あります。

たとえば、物質特許と製法特許などです。

物質特許は有効成分に対する特許であり、製法特許とは医薬品の製造過程の特許です。そして、インドの特許法では、物質特許を認めていないのです。

そのため、新薬と同じ有効成分を使用していても製造方法が異なれば、別の医薬品として扱われます。インドでは特許が切れていない医薬品のジェネリック医薬品を製造することが可能なのです。

日本製のバイアグラのジェネリック医薬品として有名なのは、東和薬品が販売している「トーワ」があります。トーワは水なしで飲むことができるジェネリック医薬品です。

インド製のバイアグラのジェネリック医薬品として有名なのは、「カマクラ・ゴールド」です。

また、ピルカッターなしでも簡単に割ることのできるジェネリック医薬品も存在しています。

 

シアリスとバイアグラ

バイアグラ以外のED治療薬としてシアリスというものがあります。どちらも、 バイアグラとは異なった特性があります。

特にシアリスは世界でもっとも人気のあるED治療薬です。200210月に販売が開始されて以来、世界100ヵ国以上で販売されており、約1000万人の男性に愛用されており、2013年には全世界シェアの約42%を獲得し、全世界で人気ナンバーワンのED治療薬となっています。

日本で流通しているシアリスは、

  • 5mg
  • 10mg
  • 20mg

この3種類です。

全世界で人気のあるED治療薬になりますので、偽物が多く流通しています。ある調査では実に6割以上が偽物であるという調査結果が出ています。50mg100mgと箱に記載されているものは、100%偽物なので注意をしましょう。

シアリスの人気の理由は、効果持続時間になります。バイアグラやこれから紹介するレビトラとは異なり、10mgで効果持続時間は24時間~30時間、20mgで効果持続時間は30時間~36時間です。

多く飲んだからといって効果持続時間が長くなるというわけではないので注意をしましょう。

シアリスの有効成分はダダフィルです。タダラフィルはシルデナフィルと同様にPDE-5の働きを阻害する効果があります。

また、グレープフルーツに含まれる成分であるフラノクマリンは、タダラフィルに干渉してしまい、タダラフィルの体外への排出を阻害する可能性があります。結果、副作用をはじめとした悪影響が強く出るケースがあります。

そのため、シアリスを飲んだらグレープフルーツには注意をしましょう。

 

バイアグラとシアリスの大きく異なるポイント

シアリスとバイアグラが大きく異なる点としては、前述したとおり効果持続時間です。

圧倒的にシアリスの効果持続時間の方が長く、ゆとりあるセックスができるとして全世界で多くの男性から好評を博しているのです。また、食事の影響を受けにくいという特徴もあります。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ブロック状の分子構造をしており体内に吸収されるまで時間がかかるのです。その反面、効果持続時間がバイアグラよりも圧倒的に長くなります。

シアリスには即効性はありませんが、遅効性に特化しています。そのため、服用後3時間経過で効果があらわれます。そして、勃起しやすい状態になります。

その後最大で36時間は勃起しやすいコンディションを保つことができます。

また、食事の影響もバイアグラより少なくなります。基本は空腹時に飲んだ方が良いのですが、700kcal800kcalの標準的な食事量であれば、食事の影響を受けることはありません。

まったく食事の影響を受けないというわけではなく、受けにくいというのが正しい表現です。朝、飲んでおけば夜まで効果が持続しますので、朝~昼の間に服用して夜に備えるというのがシアリスの正しい使用方法であると思われます。

もし、服用後に食事をするのであれば、30分以上の時間を置いて食事を摂るといいでしょう。食事をすぐに摂ってしまうと、効果が現れるまでの時間が少し長くなってしまう可能性があります。

 

シアリスの禁忌

シアリスの副作用については、バイアグラと同じです。

  • 硝酸剤
  • 一酸化窒素供給剤
  • 塩酸アミオダロン

これらとの併用は禁忌とされています。

血圧の異常低下を起こして失神発作を起こし、最悪死亡する可能性がありますので、注意をしましょう。

 

シアリスの副作用

シアリスはバイアグラと同様、医薬品ですから副作用があります。

  • 結膜炎
  • 眼痛
  • 色覚異常
  • 背部痛
  • 消化不良
  • ほてり
  • 頭痛

頭痛やほてり、そして消化不良は効果が出てきたことをあらわすひとつの目安となります。そして、背部痛、鼻詰まり、眼痛、結膜炎色覚異常については、このような症状も確認されている程度の副作用です。

しかし、バイアグラと比較をした場合、シアリスの方が副作用の起きる利用者は3割ほどとなっています。ほかのED治療薬より副作用のあらわれ方がマイルドになっています。

これは、遅効性であることが関係しているからであると思われます。つまり、体に有効成分であるタダラフィルが馴染むため、副作用があらわれにくくなります。

 

シアリスのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、シアリスの用法特許と物質特許が切れなければなりません。

特許は20年で切れますが、日本ではシアリスのジェネリック医薬品を製造することができません。

インドでは、前述したとおりシアリスのジェネリック医薬品を製造することが可能であり、インド産のジェネリック医薬品は存在しています。

インド製のシアリスのジェネリック医薬品としては、

  • タダリス
  • メガリス
  • タダシップ

現在、これらが製造販売されています。

 

レビトラとバイアグラ

バイアグラの他にED治療薬としては、レビトラというものがあります。

2003年にドイツのバイエル社にて製造販売されました。翌年の2004年に厚生労働省に認可され日本での販売が開始されました。

パッケージには炎のマークが描かれており、これはマッチをイメージしたものです。マッチのようにすぐに火がつくことを意味しています。レビトラは即効性に重きを置いたED治療薬です。

そのため、ほかのED治療薬とは異なり服用後20分で勃起しやすい状態になります。セックス1時間前に飲むのが服用方法としてはベストタイミングであるといえます。

そして、40分~50分程度でピークを迎えます。

有効成分はバルデナフィルというものであり、これもバイアグラと同様にPDE-5の働きを抑制して、勃起をしやすくする効果があります。そして、バルデナフィルは水に溶けやすい特性があり結果として即効性を期待することができるのです。

日本では、

  • 5mg
  • 10mg
  • 20mg

この3種類が販売されています。

ただし、5mg錠は効果時間が短いため、取り扱う医療機関は多くありません。

また、体に薬が慣れてしまうため、初めから20mgを飲むのではなく10mgから飲み始めることがいいでしょう。

効果時間についてですが、10mg5時間~6時間、20mg8時間~10時間になります。

また、シアリス同様にグレープフルーツを食べる際には注意が必要です。グレープフルーツには、フラノクマリンが含まれており、これが薬の排出を阻害してしまい、レビトラの効果を強めてしまうでしょう。結果、副作用が強く出てくる可能性があるので注意が必要です。

 

バイアグラとレビトラが異なるポイント

バイアグラとレビトラが異なるポイントとしては、食事の影響を受けにくいという点になります。

中には食事の影響を一切受けないという誤解がありますが、成人男性の標準的食事量である700kcal未満の食事であれば効果に影響は与えません。それ以上の場合、効果があらわれにくくなります。

服用するときは空腹時のときがベストタイミングです。

また、食事後2時間ほどのインターバルをおいて服用すれば、食事の影響はほとんど受けなくなります。

 

レビトラの禁忌

レビトラを服用する場合、

  • 硝酸剤
  • 一酸化窒素供給剤
  • 塩酸アミオダロン

との併用は禁忌とされています。

理由はバイアグラと同様で、血圧低下の原因になり、失神発作を起こし死亡するケースもあります。

 

レビトラの副作用

レビトラの副作用としては、

  • 光に対する過敏症
  • 顔の火照り
  • 頭痛
  • 動悸
  • 消化不良
  • 下痢
  • 背部痛
  • 目の充血
  • 鼻詰まり

このような副作用があります。

顔の火照り、目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりといった軽微の副作用については、レビトラの効果があらわれた目安となるほど頻繁に起こるものです。頭痛などの場合、市販の頭痛薬を併用しても問題にはなりません。

その他の副作用は、そこまで発生頻度は高くありません。

 

ジェネリック医薬品について

特許期間は20年であり、2017年現在の日本ではレビトラのジェネリック医薬品を製造することができません。

しかし、前述の通りインド製のジェネリック医薬品は販売されています。

インド製のレビトラのジェネリック医薬品は、

  • バリフ
  • ジェビトラ

などの商品がインドで製造販売されています。

 

【バイアグラを入手・通販で購入する方法】

バイアグラの入手は日本で医療機関にて医師の診断を受けて処方箋を出してもらい、薬局で手に入れるというのが正規で正式な入手方法です。この方法では偽物をつかまされる可能性はありません。

医療機関以外が通信販売にてバイアグラを販売している場合、それは違法業者となります。

また、ネットを利用した個人輸入代行業者も存在します。個人輸入代行業者は海外からバイアグラを個人輸入し販売をするのです。

個人輸入代行業者の場合、国内法適用外になりますので、注文をしたとしても法律で罰せられることはありません。

個人輸入代行業者を利用して手に入れることができるバイアグラとしては、カマクラ・ゴールドなどの商品があります。こちらは比較的安全性の高いものです。

ただし、偽物が多いので、サイトで掲載されているものと違う箱がくるということもあります。安易に個人輸入代行業者を利用するのは控えて、医療機関で医師の診断を受けて処方箋を出してもらい、手に入れた方が本物を手に入れられる確率が高くなります。

また、インド製のジェネリック医薬品は、国内未承認の成分もしくは発がん性物質であるとして禁止されている添加物が含有されている可能性があります。

お客様の前では良いことを言ってくるので、つい注文をしたくなってしまいますが、危険な偽物も混じっている可能性があります。

 

【バイアグラを使用しても根本的なED治療にはならない】

バイアグラをはじめとした勃起薬を使用して勃起をしたとしてもEDの根本的な治療、そして解決にはなりません

EDは勃起不全や勃起障害と訳されるように、完全に勃起しない状態のみならず、中折れや勃起力の低下も、軽度のEDです。

軽度なEDの場合は、精力サプリを利用することで、バイアグラを飲むことなく問題が解決する可能性があります。そもそも、軽度なEDの場合、生活習慣の乱れやストレスが原因で発症するものです。そのため、わざわざ死亡する可能性があるバイアグラなどを使用して勃起を維持させるよりは生活習慣の改善が効果的であると考えます。

また、老化に伴う性的欲求の低下については、バイアグラを飲んでも改善はしません。バイアグラを服用したとしても催淫効果などは一切なく、PDE-5の働きを抑制するのみなので、性的欲求それ自体が衰えている場合、バイアグラをいくら飲んでも効果は発揮しないでしょう。

精力低下の原因は男性ホルモンのテストステロンの分泌量の低下にあると考え、異なったアプローチをする必要があります。

そこで提案するのが精力サプリです。精力サプリは男性ホルモンのテストステロンを作るには欠かすことのできない、亜鉛やアルギニン、シトルリン、マカなどが配合されています。

老化に伴う性的欲求の低下、精力の衰えには実によく効果を発揮するサプリメントになります。

もともと、長期での服用が前提の商品であり、サプリメントなのでバイアグラなどのような副作用はありません。また、アルギニンやシトルリンには血液の循環を良くする効果がありますので、勃起したけれど硬さがいまいち、中折れをしてしまうという軽度なEDの改善にも、精力サプリは非常に好評を博しております。

 

まとめ

バイアグラの他にED治療薬には、シアリス、レビトラなどがあります。そして、バイアグラについては2017年の時点で特許が切れていますのでジェネリック医薬品が販売されていますが、2017年の9月にファイザー株式会社が新しいバイアグラの販売を始めました。

バイアグラの効果というのは、PDE-5という勃起を鎮める酵素の分泌を抑制するものであり、服用することで自然と勃起しやすい状態になります。いわば勃起補助薬です。ただし、食べ物などの影響を大きく受けてしまうので、空腹時に飲みましょう。

効果としてはPDE-5の働きを抑制するというものしかなく、催淫効果や精力増強効果というのはありません。あくまでも勃起しやすいコンディションになるだけです。

また、医薬品ですから必ず副作用や禁忌があり、生命にかかわるケースもあります。

バイアグラを手に入れる方法ですが、病院で処方箋として出してもらうか、個人輸入代行業者を利用して手に入れるかの2つの方法があります。個人輸入代行業者を利用した場合、偽物を売りつけてくる可能性があります。

そして、バイアグラはあくまでもPDE-5の働きを抑制するだけなのでそれ以上の働きはありません。精力そのものが低下している状態で服用しても効果がでづらい可能性があります。そのような場合、精力サプリの利用がおすすめです。

精力サプリは長期的な服用を前提としていますので、体に負担をかけることなく服用することが可能です。精力サプリはメリットの多いサプリメントであり、軽度~中度のEDであれば、服用を続けることで改善する可能性が高くなります。

案件比較記事のリンク