ちんこを大きく増大する方法解説!長く太くでかマラに成長!

ペニスを大きくしたい!ペニス増大法を徹底分析!

男性にとってペニスの大きさというのは、男性自身の象徴であり、自己意識の高さを保つための1つの目安になるものだと思います。特に女性に対する態度だったり、積極性を考えると顕著に表れてくると思います。

もし仮に自分のペニスが短小包茎だったらどうでしょう。なかなか女性に対して積極的になれないどころか、自分への自信が無くなってしまうのではないでしょうか。

よくセックスはペニスの大きさだけじゃない、テクニックの方が重要だという人もいて、確かにテクニックも重要なことですが、ペニスが大きくてテクニックも兼ね備えてる男性が現れたらどうでしょう。おそらく女性は本能的にペニスの大きい男性の方に惹かれると思います。

それぐらいペニスの大きさというのは、男性の生きざまや人生を大きく変えてしまうと言っても過言ではないと思います。

ですので今回は、ペニスの大きさに悩む男性へ向けて、ペニスを大きくする方法を紹介し細かく分析をしていきたいと思います!きっとこれを読めばペニスを大きくする糸口が見つかるはずです。

自分に自信をもって女性へ積極的にアプローチできるようになりましょう。

 

【ペニスを大きくする方法とは?】

ペニスを大きくするなんて簡単に言いますが、果たして本当にペニスを大きくする方法なんてあるのでしょうか?実はあるんです。しかも方法は4つあります。

  • ペニス増大トレーニング
  • ペニス増大器具
  • 男性用サプリメント
  • ペニス増大手術

効果の順は上記で方法を並べた順で下に向かえば向かうほど、ペニスの増大効果があると言われています。ですので、確実にペニスの増大に効果があるのが増大手術になります。後で詳しく述べますが、増大手術は一定の効果はあるものの、それだけリスクが伴う方法でもあります。手術をしてしまうと元には戻りません

何か問題があっても元には戻せないということです。他にも様々なリスクがあるため、出来れば増大手術は避けた方が良いと思います。

そして手術以外の方法で、じっくり確実にペニスを増大させていくのがベストだと言えます。では早速それぞれの方法の解説をしていきたいと思います。

 

【ペニス増大トレーニング】

まずペニスを増大させる方法として挙げられるのがこのペニス増大トレーニングになります。この方法は手軽に始められるので、ペニス増大初心者にとっては一番取り掛かりやすい方法であると思います。しかもお金が一切かかりません。

毎日の少しのトレーニングの積み重ねによって徐々にペニスを大きくしていきます。

このトレーニング法には大きく分けて3種類あります。

  • ミルキング法
  • ジェルキング法
  • PC筋トレーニング法

ではこの3種類のトレーニング法について紹介していきましょう。

 

【ミルキング法】

ミルキング法とは、牛のお乳を搾るような手の動作をすることからこの名前が付きました。ですのでその名の通り、ペニスを牛の乳しぼりをするように握り込み、ペニスを絞っていくようなイメージで増大を目指します。

そしてこのトレーニングは、ペニス増大もそうですが、どちらかというと亀頭増大効果に重点を置いた方法になります。

ではミルキング法のやり方です。

ペニスを半勃起の状態にします。そして親指と人差し指で輪を作ります。OKサインのような形になります。そしてそのOKにした指がペニスの一番の根元に来るように握ります。その時点の指の位置は、小指が亀頭に一番近い所にある状態です。

そして中指、薬指、小指の順に握り込んでいきます。この時ペニスの血液を亀頭の方へと絞り込むように握ります。すべての指で握り込んだらその状態で5秒間キープします。5秒経ったら力を抜き、この動作を20回ほど繰り返し行います。

この動作を15分ほどおこなっていきます。そうすることによって徐々にペニス増大に効果があります。

 

【ジェルキング法】

ジェルキング法とは、やり方はミルキング法と非常に似ていますが、ペニス増大効果に違いがあります。ミルキング法は亀頭増大に効果があるのに対し、ジェルキング法はペニスの長さをアップさせる効果があります。実はペニスというのは体外に出ている目に見える部分だけではなく、体内にも幾分埋まっている部分があります。それを体外に引っ張り出すイメージのトレーニングをします。

ではジェルキング法のやり方です。

まずペニスを半勃起にさせます。半勃起にしたら、ペニスに滑りを良くするためのローションを塗ります。そして右手の親指と人差し指で輪を作りOKサインを作ります。

その指をペニスの根元部分に持っていき握り込みます。そして握ったままその指を亀頭部分まで絞るようにスライドさせます。右手を亀頭部分までスライドさせたらその手を離し、今度は左手で輪を作り、同じようにペニスの根元から亀頭部分までスライドさせます。

これを5分ほど続けていきます。こうすることによってペニスの長さを出すことが可能になります。

 

PC筋トレーニング】

そしてPC筋トレーニングですが、このトレーニングはペニス増大はもちろんのこと、勃起力向上や早漏改善、射精力の向上、勃起の持続力向上など、男性の下半身事情の大部分を克服できるトレーニングなのです。

ですのでこのトレーニングは是非毎日行ってほしいトレーニングです。PC筋を鍛えて損はありません。

そもそもPC筋とはどの部分の筋肉かというと、骨盤底筋という肛門の周りにある細かい筋肉などの総称で、英語で言うとPubo Coccygeus muscleと書き、その頭文字をとって略したことからPC筋と呼ばれています。

この筋肉は尿意をもよおした時に、おしっこを我慢すると思います。その時にお尻の穴をキュッと締めるとおしっこが我慢できると思います。その時に働いている筋肉がPC筋になります。

この筋肉をなぜ鍛えた方が良いのかというと、PC筋には海綿体に吸収された血液を、体内に逆流することを防ぐ働きがあります。勃起現象というのは、ペニスにある海綿体に大量の血液が流れ込み、海綿体が血液を吸収し膨張することによってペニスが勃起状態になります。つまりPC筋を鍛えておくと、大量の血液がペニスの海綿体に長くとどまり、それが勃起力アップに繋がるというわけなのです。

ではPC筋トレーニングのやり方です。

まず肛門を5秒間かけてゆっくりを力を入れて締めていきます。締めたらその状態を5秒キープします。そして5秒かけてゆっくり力を抜き肛門を緩めます。これのサイクル10回を1セットとして、14セット、例えば朝昼晩そして寝る前などに行うことによって、確実にPC筋が鍛えられます。

このトレーニングの良い所は、何といっても、いつでもどこでも出来るということです。仕事の休憩中、デスクワーク中、出勤帰宅の電車の中など、場所を選ばずにやることが出来ます。

 

【ペニス増大トレーニングを行う際の注意点とは】

一通りペニス増大トレーニングの方法を述べてきましたが、このトレーニングを行う際の注意点なのですが、こういったトレーニングは日々の積み重ね、毎日欠かさずに行うことが効果が出る近道です。筋トレやダイエットのように短期間集中して行っても、その分ペニスが早く大きくなるということはありません。

逆に過度にトレーニングをやりすぎてしまうと、ペニス自体を傷つけてしまう可能性があり本末転倒になってしまいます。

自分で毎日行う回数やタイミングを決め、少しずつ地道に行っていくことが、確実に効果を感じられる方法なので、くれぐれも無理せずにトレーニングを行っていきましょう。

また、ペニス増大トレーニングは体が温まっている状態で行うと非常に効果的です。お風呂に入っているときに行ってもいいですし、普通の部屋でなら暖めたタオルなどでペニスを温めてから行うようにしましょう。

特にジェルキング法は、滑りを良くするためにジェルを使用するので、お風呂で行うと洗い流せますし体も温まるので、お風呂で行うことをお勧めします。

 

【ペニス増大トレーニングのメリットとデメリット】

ペニス増大トレーニングのメリットと言えば、やはり毎日コツコツ行っていくことで、確実にペニスを大きくすることが出来るということです。特にPC筋トレーニングでは勃起力アップ、ミルキング法では亀頭増大、ジェルキング法ではペニスの長さアップが期待できます。

しかもペニス増大サプリメントを併用して摂ることによって、トレーニングとの相乗効果でより効果がアップします。

デメリットは、効果が出てくるのに時間がかかるということです。つまり即効性が無いということですね。短期間でペニスを大きくしたいのならこの方法は不向きです。

結果を焦ってトレーニングをやりすぎてもペニスを痛めてしまう原因になりますので、過度なトレーニングは注意してください。

 

【ペニス増大器具】

ペニス増大器具を使った増大法とは、ペニスにこの増大器具を装着し、ペニスを引っ張ってペニスの増大を目指します。原理はペニス増大トレーニングと一緒です。

トレーニングは自分の手で行うのに対し、この方法は手の代わりに器具を使います。

ペニス増大器具には大きく分けて、牽引タイプと吸引タイプの2種類あります。

ではそれぞれの器具の特徴について見ていきましょう。

牽引タイプ

牽引タイプの増大器具とは、ペニスに牽引器具を装着し器具によってペニスを引っ張って長さを出す器具です。毎日欠かさずに装着することによってペニスの増大を目指します。

毎日欠かさずに装着をすれば、徐々にですがペニス増大を目指すことが出来ます。しかし、この牽引タイプにはメリットよりもデメリットの方がどうしても目立ってしまいます。

まず1日に9時間装着をしなければなりません。しかも9時間つけっぱなしというわけでなく、2時間装着をしたら外してペニスを休ませないといけません。これを繰り返し行い9時間装着をします。ですので、装着するタイミングがかなり限定的になってしまいます。2時間おきにペニスを休ませないといけませんので、寝ている間は装着できません。しかも寝ている間の装着は非常に危険です。無意識的に勃起してしまう可能性もあります。そうなるとペニスを痛めてしまう可能性があります。

また毎日の装着で、ペニスにだんだん疲労が蓄積されることになります。ペニスが疲労してきますと、装着するときに激痛が走ります。

毎日つけるものですので衛生的にも気になる方は気になると思いますし、ペニスが増大する前にトラブルで装着を止めてしまう可能性が十分にあると思います。

牽引タイプの器具自体、元は病気で曲がってしまったペニスを矯正するための器具を応用したものですので、ペニスの増大自体あまり期待が出来ないということもあります。

吸引タイプ

吸引タイプのものは、ペニスにシリンダーを装着してシリンダー内の空気を抜き真空状態にしてペニスを引っ張って増大させる方法です。

この空気を抜く工程を手動で行うタイプ、電動で行うタイプ、水の力によって行うタイプのものがそれぞれあります。

この吸引タイプのメリットは、牽引タイプと違い130分程度で済むので大幅に時間が短いです。しかも水を使うタイプのものは入浴中に使うことが出来るので非常に衛生的であると思います。

しかしながらこの吸引タイプのものもデメリットがいろいろあります。まずこのタイプの器具は数千円のものから数万円のものまで値段の幅がありピンからキリです。安いものですと数回使ったら壊れてしまう、たとえ高価な物であったとしても壊れてしまうということが多々あるようです。

そして装着時間は短いのですが、装着するのが非常に難しく特にシリンダーとペニスの大きさが合わないと、この業界で言うところのフグと呼ばれる水膨れのようなものが、亀頭部分や包皮に出来てしまう可能性があります。また合わないシリンダーを使うと、ペニスの皮だけが吸引されることによって、包皮だけが伸びてしまうという可能性もあります。

また吸引によって内出血が起こることもありますし、場合によっては壊死してしまう可能性もあります。

牽引タイプよりは楽に装着できますが、破損やペニスへのダメージなど様々なデメリットがあり、安全性に問題があるためこの吸引タイプの器具もあまりお勧めできません。

 

【男性用サプリメント】

男性用のサプリメントには、ペニス増大サプリメントや精力剤などがあります。特にペニス増大サプリメントにはペニスが増大するのに有効的な成分が厳選されて配合されています。例えば、血管を拡張し血液の流れを改善するのに効果があるL-シトルリンやL-アルギニン、男性ホルモンの生成や精子の生成に効果がある亜鉛などの栄養素が必要な分だけ配合されています。このように必要な栄養素が詰まっているのがサプリメントです。

しかもペニス増大を目的としたサプリメントや精力アップを目的としたサプリメントなど、その目的に応じたサプリメントは数多く販売されています。

 

【ペニス増大サプリメントは本当に増大に効果がある?】

先ほども述べましたが、ペニス増大サプリメントにはペニス増大に効果がある栄養素が厳選されて配合されています。ペニスが勃起する時というのは、体内にある血液がペニスの中にある海綿体という組織に向けて一気に流れ込み、海綿体が血液を吸収し膨張することで起きます。この時、海綿体に流れる血液の量が多ければ多いほどたくさん吸収しますので、その分ペニスが大きくなり硬く勃起できます。

例えば、水風船を想像してみてください。風船に水を入れるとその水の量に応じて風船が大きくなります。そして風船から水を抜き、また水を入れ膨らませそれを繰り返していくと、だんだんその風船自体緩んで大きくなってきます。ペニスの海綿体にも同じことが言えます。

血管が広がり柔軟になることによって血液の流れる量も増えます。ペニスに流れる血液の量が徐々に増えていけば、受け入れる海綿体も大きくなり結果ペニスの増大に繋がるというわけです。その血管の拡張、血流を改善させるためには、L-シトルリンやL-アルギニンといった、ペニス増大サプリメントには必ずと言っていいほど配合されている栄養素が非常に効果があります。またサプリメントには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進する栄養素や、精力回復に効果がある栄養素などが厳選されて配合されています。

 

【ペニス増大系サプリメントのメリット】

ペニス増大サプリメントのメリットは何といっても、他の方法と違い副作用や危険性がかなり低いということです。トレーニングや増大器具はデメリットの方がどうしても目立ってしまいますが、サプリメントに関してはメリットの方が勝っていると言ってもいいと思います。

サプリメントは栄養補助食品ですので副作用はほとんどありません。ただ用量用法を守らずに大量に一気に服用してしまったりすると、何かしらの影響はあるとは思いますが、飲み方を守って適切に服用していれば大丈夫です。

またサプリメントは精力剤や医薬品とは違い、その目的のために服用してすぐに効果を得るというものではありません。長期的に服用を続けることを前提にして作られています。

ペニス増大サプリメントは、ペニス増大を目的としたサプリメントなので、その目的にあった栄養素がたくさん配合されています。中でも血管を拡張し血流を良くする栄養素はどのサプリメントにも必ずと言っていいほど配合されていますが、この効果はペニス増大に限らず体内の血管も拡張し血流を良くしてくれるので、加齢によって細くなってしまった血管を拡張してくれる作用がありますので、健康維持にも非常に効果を発揮してくれます。

そしてペニスが勃起するためには、血管の拡張、血流改善の他に、精力が無ければそもそも勃起しづらくなってしまいます。精力がアップするには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を活性化させ促進する必要があります。サプリメントにはテストステロンの分泌を活性化させる栄養素もたくさん入っていますので、サプリメントを服用することによって、精力がアップし何歳になっても男性らしく、女性に対しても積極的にいられることが出来ると思います。

このようにペニス増大サプリメントは、副作用はほとんどなく、ペニス増大、精力アップの他に健康維持にも繋がるというのがメリットであると言えます。

 

【ペニス増大系サプリメントのデメリット】

ペニス増大系サプリメントは様々なメリットがありますが、デメリットが一切ないというわけではありません。

サプリメントの最大のデメリットは、こういったサプリメントの種類はとても多く販売されていて、中には粗悪品も混じって販売されているということです。

例えばパッケージに50種類の有効成分配合との記載があるサプリメントがあるとします。しかしよく見てみると配合されている成分の記載はあるけれども、どの成分がどれぐらいの量入っているのかは記載されていないという場合が結構見当たります。

極端な話、その成分が耳かき1杯でも入っていることになりますので、そういったサプリメントはとても悪質で粗悪なサプリメントです。

ですのでこういったことを避けるためにもサプリメントを購入する時には、そのサプリメントに配合されている成分、11つの配合量が記載されているサプリメントを選ぶことが大切になってきます。

そしてこういったサプリメントの広告は非常に過大なものが多いです。例えば1週間でペニスが10センチもアップしました!などの体験談や口コミを載せている広告を多々見かけます。完全に否定はしませんが、ほぼほぼそんな短期間で急激にペニスが増大するなんてありえないことです。

サプリメントは医薬品とは違い、即効性が無い栄養補助食品です。長期間数ヶ月かけて服用をするものですので、数ヶ月服用して実際には3センチ~5センチ程度の増大が現実的です。

このようなデメリットが挙げられますが、実際に服用してみて、自分の体に合ったサプリメントを見つけることが出来れば、ずっと付き合っていけるものですし安心して服用が出来ると思います。

 

【ペニス増大手術】

ペニス増大手術はその名の通り、手術にて物理的にペニスを増大させる方法です。この方法が唯一確実に短時間でペニスを増大することが出来ます。

そして近年になり、その手術の安全性も上がってきていて、かつ手軽に増大できる方法も出てきていますので、昔よりは手術に踏み切りやすいとは思います。

ですが、その分リスクも非常に高い方法です。特に失敗した時のリスクは非常に高いです。ですので、ペニス増大トレーニングや増大器具、サプリメントなど手術以外の方法をやっても全く効果が無い、だけどどうしてもペニスを大きくさせたいという人にとっては最後の手段であると言えます。

その手術方法ですが大きく分けて、長茎手術とヒアルロンサン注入の2種類です。

長茎手術

この長茎手術は昔から行われている術式の1つで、体内に埋まっている部分のペニスを外に引っ張り出して見た目のペニスの長さを出すという手術です。

メスでペニス部分を切開して引っ張り出します。手術痕は残ってしまいますが、この手術を1度受けてしまえば半永久的にペニスを大きくすることが出来ます。

ただし、ここで注意をしなければならないことが、この手術を受けると通常時のペニスの長さは出ますが、勃起時のペニスの大きさは変わりません。そして高額な費用がかかります。

これがデメリットであり注意すべき点です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入という手術法は、亀頭にヒアルロン酸を注入してペニスを大きくするという方法です。今現在この方法が主流になりつつあります。

ヒアルロン酸とは美容外科クリニックなどでも頻繁に使われているものであり、もともと人間の体内に存在するものなので、体内にヒアルロン酸を入れても副作用は無く、切開法ではなく注射で注入するので手軽に無傷で行うことが出来ます。

それに長茎手術のように切開する手術のように高額な費用はかかりません。

しかしデメリットとして、この方法での増大は半永久ではないということが挙げられます。もともと体内に存在するヒアルロン酸ですので、ペニスに注入すると、注入直後は増大効果があるのですが、時間を追うごとにだんだん注入したヒアルロン酸は体内に吸収され、ペニスの大きさが元に戻ってしまいます。

ですので、ヒアルロン酸でペニス増大をキープしたいのであれば、定期的に注入しなければなりません。

また、国内でしっかりとした医療行為を行っている病院であればまず心配はありませんが、腕が確かではない医師に施術を任せてしまうと、稀ですが、ペニスが壊死してしまうという可能性はゼロではありません。

実際にとある美容外科で鼻筋にヒアルロン酸を注入する施術を受けて、その施術行為が稚拙だったために、注入したヒアルロン酸が鼻の血管を圧迫し血流が止まり、鼻の一部分が壊死してしまったという医療事故が過去に起こっています。

ペニスへの注入も同じような行為ですので、そういった事故が起こってしまう可能性は限りなく低いですが、ゼロではないということです。

 

【ペニスを増大に効果がある方法とは?】

 

これまでペニス増大方法である、ペニス増大トレーニング、ペニス増大器具、男性用サプリメント、ペニス増大手術この4を挙げて解説してきました。

ここでまとめて言ってしまうと、ペニス増大に確実に効果があるのは増大手術です。ですが非常にリスクが高く費用もかかります。まさにハイリスクハイリターンです。

他のペニス増大トレーニングや増大器具においても、そこまで確実な増大が期待できるとも言い切れません。

ですので、総合的に見て判断するならばペニス増大サプリメントの服用が、安全かつ確実にペニスを大きくさせる方法であると思います。

よくいろいろなサプリメントを試して、あれもこれも効果が無かったという人もいると思います。それはきちんとしたサプリメントに出会っていない、または長期間服用せず短期間でやめてしまったなどの原因があるのだと思います。

ペニス増大サプリメントは非常に数多く販売されています。その中からきちんと有効成分がどれぐらい入っているのかを確認し、長期間服用することを前提に購入し服用を続けていくことが、確実に効果を得るためには非常に重要なことです。

またサプリメントを摂取しながら、ペニス増大トレーニングを毎日コツコツ行うと、より確実にペニスの増大へと近づくと思います。

サプリメントを服用し、トレーニングを毎日欠かさずに行って、自身が満ち溢れてくるような逞しいペニスを手に入れてください。

案件比較記事のリンク