早漏を治す方法!対策して改善出来ればセックスはこんなに楽しい!

射精コントロールが出来れば早漏改善!女性も満足させられる方法を解説します!

男性にとって下半身の悩みというのは身近なものであり、もしかしたらずっと付き合っていかなければならないことかもしれません。下半身の悩みと言えば、ペニスのサイズや早漏、包茎などいろいろあると思いますが、今回は早漏について解説していこうと思います。早漏だと女性を満足させることは難しく、下手したらセックスに対して自信を無くしてしまうかもしれません。ですが、早漏を改善出来れば女性を満足させることが出来るんです。そのあたりも一緒に解説していこうと思います。

 

【早漏って何?】

早漏早漏と矢継ぎ早に述べてきてしまいましたが、ここで改めて早漏とはどんな症状なのかを説明したいと思います。

早漏とは、明確な基準というのは無いのですが、セックスの時にペニスが勃起し、射精に至るまでの時間が極端に短いことを言います。膣内にペニスを挿入して大体ですが、30秒~3分程度での射精だと早漏と呼ばれます。一般的にはこのように数分で射精に至ってしまうことを早漏と呼びますが、女性にとっての早漏とはどのような基準なのでしょうか。それは女性がセックスの時に満足する前に射精に至ってしまうと、早漏だと感じる人が多いようです。ですので時間に関係なく女性が満足する前に先に男性がイッてしまうということが、早漏だと思われてしまうようです。

これが常態化してきてしまうと、セックスの満足度が徐々に低下してしまいますので、早漏を治すことは男性にとっても女性にとっても重要なことなのだろうと思います。

 

【どうして早漏になるの?】

ではどうして早漏になってしまうのでしょうか。その原因は主に3つあります。

まずは包茎です。

包茎というのは、亀頭が包皮にすっぽりかぶっている状態のことを言い、そのためズル剥けのペニスと比べると、亀頭への刺激が圧倒的に少ないため、いざセックスの時になり、急激に刺激が加わるとその刺激に耐えられず射精してしまいます。

しかも包茎の状態だと、亀頭が正常に成長することが出来ません。こういった場合は包茎を治療し、亀頭を徐々に刺激に慣れさせていく必要があります。そうすることによって早漏が改善されていきます。

次にオナニーのやりすぎです。

オナニーというのは、射精をすることだけを目的とした行為と言えます。興奮して射精したいときに射精するという行為は、射精感をコントロールせず射精をするということになります。この場合、オナニーの習慣を見直し、改善していくことで射精感をコントロールすることが身に付きますので、早漏が改善されます。

また老化も早漏の原因になります。

射精というのは筋肉である程度コントロールされています。筋肉は加齢とともに衰えてきますので、当然ペニスにある射精をコントロールする筋肉もだんだん衰えてきます。この筋肉が衰えてきますと、射精を上手くコントロールできずに、精液がおもらししたように漏れ出して射精をしてしまいます。普段から適度な運動を心がけていればこの症状は改善されますが、普段から運動していなかったり、デスクワークの人はこの症状が進みがちになります。

そして早漏の原因で一番多いとされているのが、心因性の早漏です。

例えば、女性とのセックスの時にたまたま体調不良などで早く射精してしまい、女性から「もうイッちゃったの?」などと言われてしまうと、少なからず男性としては傷つきますよね?このように何気ない女性からの言葉がトラウマになり、セックスの時になると緊張や不安になってしまい、結果早漏になってしまうというのが心因性の早漏です。

特にマイナス思考の人だったりすると、もしかしてやっぱり自分は早漏なんじゃないかと変に思い込んでしまい、それも早漏の原因になります。これをマイナスプラシーボ現象と呼びます。

 

【射精までの仕組みについて】

射精をコントロールすると言っても、実際に射精に至るまでの仕組みについて理解していないと難しいです。ですので、まず射精の仕組みについてお話していこうと思います。

性的興奮が徐々に高まってくるとペニスが勃起し、その時に前立腺や精嚢から分泌液が分泌されます。それぞれの分泌液が混ざり合うことで精子が作り出されます

ペニス内にある尿が通る通路と、精子が通る通路は違います。尿が通る通路の筋肉を内括約筋といい、精子が通る通路の筋肉を外括約筋といいます。

精子がどんどん作られていくタイミングで、まず初めに内括約筋が収縮しはじめます。内括約筋の収縮が終わったら、次は徐々に外括約筋の収縮が始まります。そして最後に尿道から尿が放出される通り道も閉まってきます。

そうなると、内括約筋と外括約筋との間に隙間が出来、そこにどんどん精子が溜まっていきます。

また性的興奮が進んでいくと、精子が分泌されると同時に、精子が微量に含まれるカウパー液というのも分泌されます。このカウパー液とは非常に重要な役割を担っています。

通常のペニスの状態というのは、放出されるのは尿です。尿道から尿が放出される通路を通り体外に排出されますが、尿というのは酸性です。なので普段の通路内は酸性の状態になっています。ところが精子というのはアルカリ性です。尿が通る通路は興奮時には精子も通りますので、そのまま通路が酸性ですとアルカリ性の精子に悪影響を及ぼしてしまいます。そうならないために、カウパー液というのが分泌されます。カウパー液には尿によって酸性になっている通路を中和する働きがあり、カウパー液が通路を中和してくれることによって問題なく精子が通過できます。

そしてさらに性的興奮が高まってくると、いよいよ射精を司っている中枢が刺激され、射精するぞ!という信号が中枢から発信されます。この射精中枢というのは脳にあるのではなく腰椎にあります。ですので、脳からの指令というのはある程度抑えが効くと思いますが、射精中枢が刺激されるというのはほぼ条件反射に等しい状況ですので、一度中枢から射精するという信号が発信されてしまうと、射精を止めるというのはほぼ無理です。そして射精する時には外括約筋の収縮が緩み、一気に溜まった精子が体外に放出されます。

これが一連の射精の仕組みになります。

先ほど、射精は条件反射だということを述べましたが、この射精中枢のコントロールが出来れば早漏は何とかなるんじゃないかと思いますよね?

実際その通りだとは思うのですが、射精中枢は脳で管理しておらず脊髄にあります。脳であるならばある程度コントロールできそうだとは思いますが、脊髄に中枢があり、射精の信号は興奮すればするほど、発信に近づいていき、、、ある程度の域に達してしまうと射精命令が出てしまいます。無意識に反射してしまうということになります。

ですのでいくら頭で射精まだしたくないと思っていても、中枢への刺激が強ければ強いほど無意識的に反応し、射精してしまいますのでなかなか自分でコントロールするというのは難しいのです。

 

【射精のコントロールは可能なのか?】

では、射精というのは本当にコントロールが出来ないのでしょうか?確かに中枢が刺激され、射精中枢からの信号が発信してしまったら、何をやっても射精を止めるのは出来ません。ですが、その射精中枢が射精の信号を送らないようにすれば射精を止めることは可能です。これはあくまでも理論上という話になりますが。

射精中枢は、例えば息を止めるとだんだん心拍が上がるといった「内臓反射」というものであり、この内臓反射と関わりが密なのが「自律神経反射」と呼ばれるものです。

さらに細かく見ていくと、自律神経というのは2つの神経から構成されており、一つは緊張や興奮などの時に活発になる交感神経、もう一つはリラックス状態の時に活発になる副交感神経があります。

いつもはこの2つの神経が上手くバランスを取って人間の体の働きを司っています。

この2つの神経が射精とどのように関わりがあるのかというと、勃起をする時というのは性的に興奮して気持ちよくなっている時ですので、副交感神経が優位に働いています。そして勃起していよいよ射精するという時は、興奮が非常に上がっているというのとで交感神経が優位に働きます。交感神経が優位に立ち興奮すればするほど射精中枢により刺激が伝わるのでそれだけ射精という状況にどんどん近づいていきます。

射精中枢は今述べた通り、その時の状況の神経の働き方によって刺激をどんどん溜め込みます。射精というのは射精中枢が一気に刺激されたから、すぐに射精の信号が発信されるというのではなく、射精中枢にどんどん刺激を溜め込み、ある一定の刺激の量を超えた時に射精します。ということは、射精中枢に刺激を溜め込まないようにすれば射精のタイミングをずらすことが出来るのです。かといって射精中枢に刺激を溜めないということは勃起が始まってからは無理ですので、なるべく射精中枢に溜まる刺激のスピードを遅くすれば、射精をコントロールすることも可能になってきます。

ではどうやって実際射精中枢に刺激を貯まるのを遅くしていくのでしょうか。刺激が溜まって射精中枢が反射してしまったら射精は止められませんので、その前で食い止めることが必要になってきます。

つまり射精の直前の状態、射精反射寸前の状態をキープする、射精する手前で我慢するということです。

これはなかなか身に着けるまで大変そうですが、感覚をつかんでしまえば徐々に射精をコントロールすることが出来ます。具体的にどんな感覚かというと、気持ちよくなっているけれどもまだ射精は我慢できそうだという冷静な精神状態を保てるということです。体は興奮しているけれども冷静であるという感覚を身に付けることが非常に重要になってきます。

 

【射精感をコントロールする具体的な方法とは?】

射精感をコントロールする方法をお話しする前に、これだけはやってはいけない、これをやっていっては射精コントロールは身に付かないという注意すべき点からお話しします。

それはオナニーを習慣にしてしまうことです。

オナニーというのはペニスを擦って一気に射精へと導く行為です。射精感をコントロールする真逆の行為になりますので、オナニーを毎日やっていては射精感のコントロールを身に付けるのは難しくなります。ですので、オナニーだけは注意してください。

では射精感をコントロールする具体的な練習方法ですが、主に2つ方法があります。まず1つ目の方法は、オナニーをしてペニスを刺激し勃起させます。そうするとだんだん射精したくなってきますので、この段階でいったんペニスへの刺激をストップします。射精感がだんだん静まって落ち着いてきたらまたペニスへの刺激を再開し、射精感が出てきたらまたストップします。

この繰り返しを5回ほど行います。これをいわゆる「スタート・ストップ法」と言います。

次に2つ目の方法ですが、スタート・ストップ法と似ていますが、勃起してから射精に至るまでの時間の記録をつけることです。この記録をつける方法は、いろいろ射精のタイミングが時間で分かりますし、成長が分かりますので結構楽しいらしいです。

必要な道具は、タイマーと記録するノートぐらいですね。

やり方はスタート・ストップとほぼ同じで、オナニーをして射精しそうになったら刺激をストップし、また落ち着いたら刺激を与えるのを再開します。特に回数は決まっていませんが、自身が射精に我慢が出来なくなったらそこでタイマーをストップし記録をつけます。

以上こういった2つの練習法があります。ただ、この方法は即効性が極めて低いので継続してトレーニングする必要があります。

効果が出るのに個人差もありますし、一概には言えませんが数ヶ月はトレーニングが必要だと思います。ただ、トレーニングが習慣化すればやり始めは苦でも、続けれられると思います。

また、早漏の原因が筋肉の低下にあるとするならば、ペニス付近にあるPC筋と呼ばれる筋肉を鍛えることが有効的です。PC筋というのは勃起力や勃起を維持するため、また尿を排出するための筋肉になりますので、このPC筋が鍛えられれば勃起力アップや勃起の維持、射精のコントロールも向上できます。

PC筋をトレーニングする方法は非常に簡単で、場所を選ばずいつでもどこでも実践することが出来ます。

まず肛門を徐々に5秒間で締めます。肛門を締めたらそのまま5秒キープします。そして徐々に5秒かけて肛門を緩めていきます。緩めたらそのまま5秒間休憩します。

これのターンを10回で1セットとし、14回ほどに分けて行っていくと、PC筋が鍛えられ早漏も改善しますし、射精感もコントロールしやすくなります。

 

【射精感のコントロールトレーニングの最中、射精が我慢できなくなったらどうする?】

射精感のコントロール法は今説明しましたが、このトレーニングを実際していこうとすると、なかなか初めは射精感を我慢することは難しくついつい射精してしまうかもしれません。ですがそれをいつまでもしていると、トレーニングになりません。何度もトレーニングをこなっていくうちにだんだんコツがつかめてくると思うので、そうすればトレーニングしやすくなると思いますが、そのコツをつかむまで、射精を抑制する方法を実勢していくといいと思います。

その方法とは主に2つあります。

 

意識をオナニーからそらすこと

オナニーでペニスに刺激を加え、ついつい射精してしまいそうになったら、エロいことオナニーから意識をそらすことです。

オナニーの最中というのは興奮するためにどうしてもエロいことを考えながら意識をペニスに集中します。集中が高まれば高まるほど射精中枢への刺激も強くなりますので、そこでコントロールできずに射精してしまうと早漏の原因になってしまうのです。

ですので、射精しそうになったらいったん意識を全く別の方向へもっていくことで、興奮が落ち着き射精感も徐々に薄れてきます。

例えば、仕事のことや勉強のことなど何でもいいので、ちょっと思考を変えてみることです。ただこの意識をそらすことですが、意識をそらした別のことを考えるのに集中してしまうと、興奮を通り越して中折れをしてしまう可能性がありますので、あくまでもオナニーしているという意識は頭の片隅に入れておく必要があります。

 

深呼吸をする

深呼吸という行為は精神を落ち着かせリラックスさせる効果があります。これは自律神経が大きく関わりがあるのです。

深呼吸は吸う行為と吐く行為の両方をします。吸う行為は交感神経が優位になり、吐く行為は副交感神経が優位に働きます。射精というのは交感神経が優位に働いている状態なので、深呼吸つまり吐く行為をゆっくり時間をかけて行うことで、興奮状態からリラックス状態にしていくことが出来ます。

ですので、オナニーで興奮しているときに深呼吸する場合は、吸う行為は短く、吐く行為をゆっくり長くしていくことが重要です。

とはいえ、この行為なかなか慣れていないと難しいと思います。

吸う行為を短く、吐く行為を長くする呼吸法をマスターすれば射精感をコントロールする上で非常に役になってくると思いますので、これを機にマスターしておくといいと思います。

まず、鼻から吸う行為を2秒かけて行います。そのあと10秒かけてゆっくり空気を吐き出していきます。これは射精コントロールに限らず、体をリラックスさせるいろいろな場面でも役立ちます。

 

【セックス中に射精感を抑えるにはどうしたらいいか?】

上記の2つの方法は自分でオナニーしている時に適している射精感の抑制方法ですが、実際セックスしているときに射精感を抑えたいとしたら、どういった方法があるのでしょうか。

セックスの体位を変える

セックスの体位というのは様々ありますが、それぞれの体位によって射精しやすい体位と、射精しにくい体位というのがあります。これは射精をコントロールする上で結構重要になってくると思います。

射精しやすいというのは、つまり体に力が入りやすい状態ということです。ですので足に力が入りやすい体位というと、正常位、バック、騎乗位このあたりだと思われます。射精感のコントロールにまだ自信が無かったり、不安が残る人はなるべくこの体位でのセックスは避けた方が良さそうです。

逆に射精しにくい体位というのは、背面側位や座位、抱え騎乗位、対面上体立位などがあります。体位の名前だけだとなかなか想像しにくい体位もありますね。この中でも対面上体立位ですが、この体位は射精しにくいと言われています。正常位に似ているのですが、男性が女性に対して垂直になるのが特徴です。これだとなかなか体に力が入りにくくなりますので射精しにくくなります。

このように、射精しにくそうな体位を自分でちょっと試してみるといいと思います。

パートナーに手伝ってもらう

これはセマンズ法という射精コントロール方法の1つになり、スタート・ストップ法を応用した方法なのですが、これを行うにはパートナーの協力が必要不可欠です。

しかし、オナニー時のスタート・ストップ法よりもより実践に近いトレーニングになりますのでかなり効果がある方法であると言えます。

やり方ですが、まずパートナーにペニスを刺激してもらいます。射精しそうになったらパートナーに刺激を加えるのを止めてもらい、射精感が落ち着いてきたらまた刺激してもらうこの繰り返しになります。これはローションなど潤滑剤を使うともっと効果的になります。

また、実際にパートナーに挿入してセマンズ法を行うと、より効果的になるのですが、これは相手もいることなのでパートナーが理解してくれれば出来ますが、そうでないとなかなか難しいです。

そしてなによりこの方法のポイントは、パートナーに刺激してもらうという点です。パートナーからの刺激というのは自分で刺激を与えるのよりかなり破壊力があります。ですので、心理的にも慣れる訓練になります。過去のトラウマなどで心因的な要因で早漏になっている場合、この方法は非常に効果的だと言えます。

 

【セックス中にパートナーに気づかれずに射精感のコントロールは出来るのか?】

例えばパートナーが射精感のコントロールについて知らない状況、男性側が女性側に内緒でセックス中に射精感のコントロールのトレーニングというのは出来るのでしょうか?もしかしたら、ピストン運動中にいきなりやめてしまったら相手の女性はあれ?と思うだろうし気が付かないか心配ですよね?いきなりピストン運動を止めてしまうとさすがに女性の方も不審に思うだろうし、もしかしたらどうしたのか聞かれるかもしれません。ですのでピストン運動を止めた代わりに、愛撫を再開したりキスをして、その場を自然に繋いでいくことが重要です。

女性というのは、男性ががっついてピストン運動ばっかりするよりも、キスをしたり適度な会話をしたり愛撫されることによって、ますます愛が深まる、自分は愛されているんだなと感じます。

男性の方も他に意識をそらすことが出来ますので、興奮を落ち着かせることが出来ます。

ですので、なかなかこの辺は男性のテクニックが問われますが、上手く自然にコントロール出来るようにチャレンジしてみてください。

 

【射精感のコントロールする際の注意事項とは?】

射精感のコントロールの方法というのは、今まで挙げてきた以外にもあります。射精を寸止めする方法やスクイーズ法というのがあります。

今まで挙げてきた方法は、そこまで注意することはないと思いますが、寸止めやスクイーズ法というのは、射精を物理的に抑止する方法なので、ちょっと気をつけなければなりません。

まず射精を寸止めする方法ですが、これは射精しそうになったらペニスをぎゅっと握り込んで物理的に射精を抑えるという方法です。これを何度か繰り返していくとだんだん射精を止めることが出来るようになるようですが、それと同時にリスクもあります。

射精を物理的に抑止することで、ペニスに上がってきた精子が逆流してしまうことがあります。逆流するということは尿道や精菅へ戻ってしまうということです。この状態を逆行性射精といいます。これによって普通だったら精液が逆流しないように尿道が弁で蓋をしている状態になるのですが、寸止めを繰り返すことによって、その弁が上手く機能しなくなってしまい、逆流したものが膀胱にまで逆流してしまいます。そうなると、射精される精液がだんだん減っていってしまい、男性不妊の原因となってしまうのです。

そして男性不妊のみならず、尿道炎や前立腺炎の原因にもなりうるのです。

またスクイーズ法ですが、これも物理的に射精を抑止する方法で、射精しそうになった時に亀頭の根の部分をぎゅっと握り込み、15秒程度その状態をキープして射精を抑え込むという方法です。これもまた射精を寸止めする方法と一緒で、逆行性射精になり男性不妊や尿道炎、前立腺炎の原因になります。

なるべくこれらの方法は行わずに、安全な方法で射精感をコントロールするトレーニングをしていきましょう。

 

終わりに

早漏についてのことや、射精感のコントロールの仕方やトレーニング法など一通り説明してきましたが、これらの方法というのはどれも即効性はなく、回数を重ねるごとに徐々にタイミングや感覚をつかめるものです。ですので、トレーニングの最初のうちはすぐに射精してしまうかもしれません。でも少しづつトレーニングを積み重ねていけば徐々に慣れてきますので、焦らず確実に回数をこなすように努力しましょう。

また、PC筋を鍛えることによって早漏や射精感のコントロールもしやすくなります。

また、出来るだけデメリットのあるコントロール方法は行わず、安全に行える方法を試していってみてください。

案件比較記事のリンク