包茎の治療の必要性とは?具体的なデメリットを考察

包茎ってやっぱり恥ずかしい?治療すべきなのか?

男性ならば自分のペニスについていろいろ考えたり、他の人に比べたらどうなんだろうと気になってしまいますよね。特にペニスの見た目というのはかなり気になる点です。実は日本人の約7割の男性は、仮性包茎であると言われています。これ結構意外だなと思われるかもしれませんが、意外とズル剥けのペニスを持っている人って少ないみたいなのです。ただ、いくら仮性包茎であっても包茎は包茎です。恥ずかしいと思う男性は多くいると思います。

では、なぜ包茎は恥ずかしいのか、包茎に対する認識はいつぐらいからあったのかなど、包茎の雑学などを挙げて紹介していこうと思います。そして包茎は治療すべきなのかどうなのかなども一緒に見ていこうと思います。ただ、治療に関してはどういった治療があるかなどを紹介していきますが、あくまでも決めるのは個人の考え方によるところが大きいと思いますので、あくまでも参考というとらえ方で見てもらえれば幸いです。

 

【日本人の包茎に対する認識】

日本人が考える包茎というのは、「包茎=恥ずかしい」という認識が一般的であると思います。実際包茎で悩んでいる日本人男性は数多くいらっしゃいます。ではいつぐらいから日本人が包茎は恥ずかしいと認識し始めたのでしょうか?

古い書物を読み解いてみると、どうやら江戸時代のころから「包茎=恥」という認識がすでにあったようで、実際当時、包茎手術というのはあったようなのです。具体的には江戸時代に華岡青洲という、日本で初めて全身麻酔を用いた外科手術に成功した有名な外科医が、包茎に悩む僧侶のペニスを手術したという記録が残っています。

また、同じく江戸時代に書かれた文献に「女大楽宝開」というものがありますが、そこには女性が喜ぶペニスのランキングが1位~10位まで記されており、最下位の10位に「すぼえ」つまり包茎だということがあります。

つまり、包茎は江戸時代のころからすでに恥ずかしい、嫌われるといったペニスという認識があったようです。

だからでしょうか、時代を超えた今現在に至るまでも、「包茎=恥ずかしい」という認識が根強いのかもしれません。

 

【海外の男性のペニスはどうなのか】

日本人の包茎に対する認識は分かりましたが、では海外の男性の包茎の認識というのはどうなのでしょう。

実は日本とは違い、海外特にヨーロッパ圏内では包茎は普通で、恥ずかしいという認識は無いようなのです。そのため9割の男性が包茎で、日本人よりも男性の包茎率が高いのです。そして包茎である海外男性のほとんどは、勃起したり手で包皮を剥けば簡単に亀頭があらわれる仮性包茎なのです。そしてあとの1割はカントン包茎や真性包茎、また宗教上の理由(割礼)で包茎ではない人もいます。

ちなみに海外では包茎が一般的なので、日本でいう仮性包茎という単語は存在しないのです。

このように包茎は一般的で自然体であるとの認識が海外の男性にはあるので、ヨーロッパ圏内で見る男性のヌード写真なんかはほとんど包茎の男性たちばかりです。海外の男性はどちらかというと、ペニスそのものではなく陰毛の方が気になるようで、陰毛があまりにもフサフサ生えていると不潔だという認識があるようで、陰毛を剃毛している男性がほとんどなのだそうです。そういった点から考えても、日本人との意識にかなり差があるように思います。

またヨーロッパ圏内の包茎に対する認識は日本と同じく古くから受け継がれてきているのだそうです。稀に包茎ではないという人もいたようですが、包茎が当たり前であるがゆえに包皮を無理やり伸ばしてわざわざ包茎にしたり、包茎手術を受けようのものなら死刑が宣告され実際に執行されたという記録も残っています。

東南アジアやアフリカの場合、イスラム教圏内ということもあり、宗教上割礼をするので、ほとんどの男性がズル剥け状態のペニスです。

そしてアメリカの場合ですが、アメリカ男性の6割近くが包茎手術を受けているのだそうです。これはオナニーが体に良くないという理由から昔から包茎手術が行われてきたという歴史と、それに加え包茎は不潔で性病にかかるリスクが高いという理由から包茎手術を幼いうちから受けさせてしまうらしいのです。

そしてお隣の韓国ですが、韓国はどちらかというと日本に近いような認識を持っているようで、おまけに韓国は整形大国ですので整形に対する意識が高く、およそ韓国人男性の8割が包茎手術を受けているそうなのです。またこれはどうしてなのか分かりませんが、先進国に住む男性ならば包茎手術を受けるのは当然だという認識もあるようです。

 

【包茎についてのメリット・デメリット】

包茎についてはいろいろとデメリットの方が先立ってしまいますが、メリットについてはどうなのでしょうか?包茎のメリットとデメリットについて考えていこうと思います。

 

メリット

包茎であることのメリットはまず、ペニスの見た目が幼く可愛らしいということから、一部のマニアックな女子のうけがいいということです。おそらくごく少数だとは思いますが、こういった志向を持つ女性はいるようなのです。

あとは、セックスする時に包茎ペニスの方がいいという女性もいるようです。亀頭がズル剥けになったペニスが膣に入ると、どうしても刺激が強いため、その刺激が苦手な女性は包茎のペニスを好むのだそうです。また海外では男性のほとんどが包茎と言われているので、海外の女性も包茎に対してはおそらく気にしない女性は多いと思います。

以上挙げたのが、包茎のメリットでしょうか。これ以上メリットを挙げるのはかなかな厳しいです。

 

デメリット

メリットはなかなか考えても上記ぐらいしか上げられませんでしたが、やはりデメリットの方がたくさんあるのが事実です。

 

性病などの感染症や陰茎ガンなどのリスク

包茎のペニスというのは普段から亀頭が包皮に包まれている状態で、常に亀頭が露わになっておらず、包皮と亀頭の間に恥垢という汗や垢などが溜まってしまい、それが雑菌が繁殖しやすくなる原因となります。この雑菌がたくさんわいてしまうと、性病に感染してしまうリスクが非常に高くなってしまいます。普段からそこを清潔に保てていれば大丈夫ですが、包茎の場合だとなかなか常に清潔に保つことは難しいです。仮性包茎ならば手で簡単に包皮が剥けるのでお手入れしやすいですが、真性包茎やカントン包茎などの場合は、包皮が亀頭と癒着していたり、包皮と亀頭がぴったりと密着しているため、なかなか剥くのが難しいのでどうしても恥垢が溜まりやすくなってしまいます。

この恥垢が原因でどんな性病になる可能性があるのかというと、カンジダ、クラミジア、尖圭コンジローマ、ヒトバビローマウイルスなどがあります。

これらの性病は男性自身がかかってしまうこともそうですが、性病を持ったままセックスすると相手にも移してしまう可能性があります。

特にヒトバビローマウイルスや尖圭コンジローマは感染すると発症し、ヒトバビローマウイルスにおいては感染してしまうと、子宮頸がんの原因になり得る細菌なのです。

なので、包茎はその男性自身の問題だけではなく、パートナーにももしかしたら感染させてしまう可能性も含んでいるので、男性自身だけの問題ではないということなのです。

 

におい

先ほども記述をしましたが、包茎のペニスは普段常に亀頭が包皮に包まれている状態なので、恥垢が溜まりやすくなっています。その恥垢は包茎独特のとても嫌な匂いがします。まめに洗っていたとしても特に夏場汗をかく季節や、体を動かして汗をかくときなどはどうしても恥垢が溜まりやすくなります。

この恥垢は汗や尿、細菌などが混ざった垢のことであり、これがペニスに溜まっているということは、しっかりと洗われておらず清潔ではないという証拠です。

独特の嫌な匂いがしますので当然、女性はとても嫌がります。特にセックスをする時にこの独特の包茎の嫌な匂いがするペニスでするなんて嫌ですし、ましてやフェラチオを頼まれたって絶対断られます。断らない女性がいたなら、それは男性に気をつかって口にしないだけであって、内心とても嫌だと思っているはずです。

このようにパートナーのためにも、なるべくペニスを清潔に保ち、出来るだけ恥垢が溜まらないようにするのがエチケットであると思います。

 

早漏

実は包茎は早漏の原因の1つでもあります。早漏とは自分で射精をコントロールできず、少しの刺激であっという間に射精してしまうことを言います。ただ、射精をコントロールするというのは一般的には難しく、誰もがコントロールできるというものではありません。射精をコントロールするというより、刺激の蓄積を少しでも遅くさせることが必要になります。射精は射精中枢に性的刺激を蓄積し、ある一定量を超えると反射で射精に至ります。射精中枢は脊髄中枢にあたるので、いくら頭で射精したくないと考えていたとしても、神経の反射を起こしてしまったら射精を止めることが出来ません。

ですので、簡単に射精しないためには、射精中枢に性的刺激を蓄積するスピードを遅らせる、つまり性的刺激に慣れなくてはいけないのです。

ペニスが包茎だと、普段亀頭が包皮に守られている分、亀頭への刺激が極端に少なくなります。ズル剥けペニスの場合、常に亀頭が表れているため例えば下着がこすれたりするなど、常に亀頭が刺激を受けている状態になります。当然、ズル剥けのペニスの方が刺激に強いので、セックス時に女性の膣の中にペニスを挿入しても、ある程度の刺激にはしばらくは耐えられます。ですが、包茎のペニスの場合は普段刺激が少ない分、女性の膣の中に挿入した時、圧倒的な刺激に耐えられずすぐに射精してしまう場合が多いです。

また包茎は亀頭への刺激が少ない分、亀頭の成長が遅れがちになってしまいます。亀頭の成長が遅れると亀頭が痩せ細くなり、ペニスの見た目が先細りみたいに見えます。

見た目ドリルのような包茎になるので、女性うけもあまりよくないです。

 

性行為を十分に楽しめない

包茎の場合、軽度の仮性包茎だと簡単に包皮が剥けますので、勃起すればズル剥けの状態になるのでそんなに問題ではありませんが、包皮が途中までしか剥けない重度の仮性包茎や真性包茎などの包茎だと、ペニスが勃起しても亀頭と包皮がくっついた状態になるので、女性の膣の中に挿入する時、包皮と亀頭が一緒に動いてしまうので、強く痛みが出たり、包皮がこすれて切れてしまう可能性があります。ペニスの挿入はセックスの最大の山場と言えますが、包茎の方にとっての挿入はかなり苦痛なものになります。特に真性包茎の場合は、かなり痛みが伴うみたいなので、普通にセックスが出来ない場合もあるようです。おまけに挿入される女性にとっても最高に気持ちいいというものではないので、お互い満足のいくセックスが出来ない可能性があります。

包茎を改善すれば亀頭むき出しの状態で挿入できるようになりますので、そうすれば女性ももっと気持ちよくさせることが出来ますし、女性の膣の中にある気持ちよくなるポイントも攻めることが出来ますの、お互い満足のいくセックスが楽しめます。ですので包茎だと、本来お互い2人で楽しむセックスが、十分に楽しめなくなってしまいます。

 

コンプレックス

日本では海外とは異なり、「包茎=恥ずかしい」というのが鉄板の認識です。ですので当然人前で裸になるような銭湯や温泉などに行く場合、包茎だと恥ずかしい、人に見られたくないと強く思う人がほとんどだと思います。特に高校生の思春期のころなんかは、ちょうど第二次成長期ですので、ペニスが成長する過程にあります。ペニスの大きさもそうですが、ズル剥けか包茎かで結構他と比べたりすると思いますが、やはり自分がいつまでたっても包茎だとすごく恥ずかしいし、友達に見られたくないという思いも強くなってきます。またセックスの時に相手から包茎のことをバカにされたり、変に気をつかわれたりするとそれだけでショックですし、それが原因で心に傷がついてしまうとEDになってしまう場合もあります。

 

【包茎治療について】

包茎治療についてですが、包茎の種類によって治療方法が異なります。

真性包茎やカントン包茎については、自分の努力で包茎が改善するというものではなく、きちんと医師に相談して治療を行うことがベストです。医師の診察が恥ずかしいからと言って無理に自分で治そうとすると、ペニスを痛めてしまったり最悪の場合、ペニスが壊死してしまう可能性もありますので、自分で治そうとせずに医師に相談してください。

そして仮性包茎ですが、真性包茎やカントン包茎は医師の診察が必要とする状態なので、手術を受けるにしても保険が適用されますが、仮性包茎は海外では普通の状態ですし、仮性包茎だからと言って全くペニスの機能がしないというわけではなく病気とはみなされないので、保険が適用されずもし手術を受けようとすると、美容外科などで保険適用外の手術を受けることになります。

ただし手術を受けるにしても、とても高額になりますし、万が一執刀した医師がとても下手くそで手術痕が大きくなってしまったり、目立った傷が出てきてしまうと、手術を受けたと一発でバレてしまう可能性があります。

それだけ手術にはリスクが伴いますので、そんなリスクをしてまで手術をしたくない、他に方法がないのかと思う方には、ペニス増大サプリメントで改善するという方法があります。サプリメントだと聞いて、なんだと肩を落とす方もいるかもしれません。確かに手術とは違い即効性はありませんし、結果が出るまで時間がかかり根気も必要です。

ですが、毎日欠かさずサプリメントを服用することによって、いい方向にペニスが変化してきます。

そもそもなぜペニス増大サプリメントが包茎に効果があるのかというと、軽度の仮性包茎の場合であれば、ペニスが徐々に大きくなってくることによって、それまで包皮に収まっていたペニスが大きくなってくるわけですから、当然徐々に包皮がペニスを覆いきれなくなってきて亀頭が徐々に包皮から出っ張ってきます。それで徐々に包茎が改善してくるということなのです。ペニス増大サプリメントの広告でよく、1週間で5センチも増大に成功した!など過大な結果が載っていますが、これはあくまで広告でありほとんどの方がそのような増大をするわけではないので、まずそんな増大の仕方はしませんが、しかし長期間毎日欠かさずに服用を続けていれば、ペニスは確実に大きくなるでしょう

このペニス増大サプリメントに含まれている主成分の作用として、血流の改善効果が期待できる栄養素が様々配合されています。ペニスというのはペニスの中にある海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込むことで、海綿体が血液を吸収し膨らみペニスが勃起します。海綿体に流れ込む血液の量が増えれば、海綿体が吸収する血液の量も当然多くなりますのでその分ペニスの増大が期待できます。さらにはペニスというのは水風船と同じような原理をしており、一度膨らむとその大きさは次に膨らんだ時も維持しますので、流れ込む血液が増えればその分ペニスの大きさも徐々に増してきます。

またペニス増大サプリメントは、ペニスが増大するだけではなく、体全体にも作用しますので、ペニスだけではなく体中の血流も良くなりますし、精力増強などにも期待できます。

 

【改めて包茎は改善した方がいい?】

包茎は海外では普通のペニスの在り方という認識ですが、日本では「包茎=恥ずかしい」という認識が古くからあります。

その理由としては、見た目が幼く立派ではないということと、恥垢が溜まると独特の嫌な匂いがするので不潔だと感じられてしまうことなどがあります。

また包茎のデメリットとして、包皮と亀頭の間に溜まる恥垢に雑菌が繁殖し性病の原因になったり、セックスを十分に楽しむことが出来ない、早漏の原因になるなど、メリットよりもデメリットの方がはるかに多くあります。

包茎は男性のみならず女性にとっても影響を及ぼすことなので、包茎であるならば改善していくことがいいでしょう。

包茎の種類にもよりますが、真性包茎やカントン包茎などの重度の包茎の場合は手術が必要になるので、一度医師の診察を受けた方がいいです。

また仮性包茎の場合は、手術を受けるという選択肢もありますが、その場合病気とはみなされないので美容外科などでの高額な手術になります。

軽度の仮性包茎なら、手術を受けなくてもペニス増大サプリメントを服用することによって多少時間はかかりますが、手術を受けるリスクを考えると、安全に確実にペニスが増大でき尚且つ包茎を治すことが出来ます。

包茎で悩んでいる方へ、一度ペニス増大サプリメントを試してみてください。

案件比較記事のリンク